【プレスリリース】「カワゴエ・マス・メディア」と「ハッスル☆マッスル」が提携 〜スポーツで市民の健康を促進し川越を元気な街に〜


特定非営利活動法人カワゴエ・マス・メディア(川越市・代表理事 寺﨑英幸)とハッスル☆マッスル(東京都・代表 髙橋博光)は、スポーツで市民の健康を促進し川越の街を元気にすることを目的に業務提携を行いました。

私たちカワゴエ・マス・メディアは、ICT(情報通信技術)を利用した街づくりに取り組んでおり、川越の今と魅力を7つの切り口で伝えるポータルサイト、インターネット放送「ラジオぽてと」、川越まつりのライブ配信、川越市の地域活性化を目的としたクラウドファンディング を支援する「くらびとファンディング」などを事業として行なっています。

2020年の東京オリンピック・パラリンピック開催まで7月1日で754日となり、国内では様々なレベルで準備が進んでいます。

川越市でも笠幡にある「霞ヶ関カンツリー倶楽部」がゴルフ競技会場となることから市をあげて準備に邁進しています。

私たちも一生に一度あるかないかのこの契機に、ゴルフに限らずスポーツ全般を通して多くの市民の健康促進につながる取組みを検討していたところ、この度、ご縁があり「ハッスル☆マッスル」と事業提携をすることになりました。

「ハッスル☆マッスル」はトップアスリートやギネス記録保持者が多数在籍し、己の限界に挑戦して見る人を元気にするお客様参加型の筋肉エンターテインメントショーを全国で展開していますので、この提携をきっかけに、今後市民参加型のスポーツイベントなどを通して、少しでも体を使う楽しさを知っていただき、スポーツから得られる予防医療の側面支援にもつなげていければと考えています。

その第一弾として、ハッスル☆マッスルに出演を依頼し、ゴルフ会場となった川越の見所を海外の方へアピールしやすい「忍者」の要素も取り入れたプロモーション動画「Welcome To Genki Kawagoe 2020〜蔵の街で忍者「NINJA」プロジェクト始動〜」を作成しました。

川越には古くからの城下町で、当然忍者も人知れず活動していたと考えられます。

このプロモーション動画を通して全世界に川越の魅力を発信し、スポーツで市民の健康を促進することで、街と身体を元気にしていければと思います。

さらに、スクワットを取り入れた誰でも参加できる体操「Welcome To Genki Kawagoe 2020〜スクワットチャレンジで街と身体を元気に!〜」をリリースし、市民を巻き込んだリレー動画を制作する企画もスタートさせる予定です。

これからのカワゴエ・マス・メディアとハッスル☆マッスルの展開をご期待ください。

特定非営利活動法人 カワゴエ・マス・メディア 代表理事 寺﨑英幸
ハッスル☆マッスル 代表 高橋博光

  

  
サブコンテンツ

↑ このページの先頭へ